兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【独り言】講演「建築士の仕事」at宝塚北高校を終えて 

さて、昨日、宝塚北高校において「建築士の仕事」というお話をさせて頂きましたが、
一日経って、今思っていることをだらだらと書いてみようかと思っています。

↓あまり内容はありませんが、読んでやろうという方は追記をクリック

今回のお話は、最初は県立宝塚北高校から私たち阪神支部の事務局へ連絡がありました。

誰が講師として県立宝塚北高校へ行くのかは、阪神支部支部長及び理事会の判断で、支部の中でも最も高校生に年齢層の近い私たち青年部会が適任ではとの話になったと聞いています。

そしてある日の理事会で私の方へ支部長の方から打診がありました。

私たちは日頃より、
 「建築士会を市民の皆さんに知ってもらいたい。」
  「建築士という職業を理解してほしい」
   「建築士を信用して欲しい」
 との思いで様々な活動を行っています。

今回のような機会は、私たちからしてみれば、「喉から手が出るほど待ち望んでいた」といっても過言ではないようなビッグチャンスだと思います。

今回のような機会は、そうそう作れるものではありません。
私たちからどんなに働きかけてもなかなか実現させるのは難しいかと思います。

このような講演やセミナーなどを各地で開くと、帰り際には必ず「お疲れ様でした。有難うございました。」等のねぎらいの言葉を頂くのですが、「お礼を言わなければ成らないのは私達の方です」といつも心の中で思っています。
昨日も同様です。

---
私たち(社)兵庫県建築士会阪神支部に声を掛けてくださった「県立宝塚北高校の皆さん」には本当に感謝しています。

また私たち青年部にこのような機会を任せてくれた阪神支部の親会の皆さんにも感謝しています。

そして最後に私達の講演に耳を傾けれくれた高校生のみんなにも本当に感謝の気持ちで一杯です。

周りの人たちに助けられながら、そしていつかは(これからは)協力しあいながら、前に進んでいければこれほど幸せな事はありません。

有難うございました。そしてこれからもよろしくお願いします。

                                       部会長の独り言終わり
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/109-fdb0f844







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。