兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼崎市 ”防災・減災のすすめ”が行われました。 

本日、尼崎市 阪急武庫之荘駅近くの
尼崎市立消費生活センターにおいて、
”防災・減災のすすめ”(防災・減災セミナー
が行われました。

ブログの良さを生かして本日の最新情報をお届けしたいと思います。

実は、今回のセミナーを開催するに当たり、今後、この活動を広く一般市民の方々に広めて行くため、尼崎市の市議会の関連委員会である”建設委員会”の市会議員さん達に招待状を送っていました。
また、情報として阪神地域の市民の皆さんに広く知っていただくために、新聞社各社にも取材依頼をお送りしていました。

残念ながら、尼崎市会議員の皆さんはご多忙のためか一人も見えられず。
 
しかし、産経新聞を除く、読売、朝日、毎日の主要3紙の各阪神支局と日本消費経済新聞という専門誌の各担当者が取材に来てくれました。
各紙で記事になり、新聞を読んだ読者にこの活動が知れて だんだんと運動が広がって行くことを願って止みません。近いうちに記事を組んでくれるそうです。

さて 今日のセミナーは、それら各新聞社の記者さん達も含めて30名近く集まり、平日の昼間にしては大盛況だったのではないでしょうか?

セミナー前半は、兵庫県建築士会 青年部会 藤本委員長による 三木市のEディフェンスの実物大振動実験の動画と、実物大の木造模型と、食器などの飛散防止のためのメッシュシートなどを使った体験学習。
DSCN464800-1.jpg
後半は私春山が、実際に業務で行った耐震診断の経験をもとに、何故地震で建物がつぶれるのか?どうすれば効果的な補強ができるのか?ということを中心に説明させていただきました。
DSCN46690002.jpg
また ゲストとして尼崎市建築指導課 耐震診断担当者さんにも来ていただき、尼崎市が進めている簡易耐震診断の説明もしていただきました。

ただ、私は一般の方々に対しての講師をするのが、今回が初めてでして、かなり緊張してしまったのでつたない分かりにくい説明になってしまったと思います。すいませんでした。

早速今回、参加された皆さんから回収させていただいたアンケートの結果を発表したいと思います。

アンケート用紙の回収は26枚でした。

1.防災・減災セミナーに参加して、どうでしたか。
① 理解できた  =12名(46%)
② ほぼ理解できた  =12名(46%)
③ あまり理解できなかった  =1名 
未解答  =1名

 おおむね、分かりやすかったという回答がいただけたと思います。感想で
”専門家のスタッフの説明で、内容はよく理解できました”
というありがたいお答えもありました。

2.興味を引かれたのは、どんなところですか。(○はいくつでも。=複数回答)
① E-ディフェンスの実物大振動実験動画。  =10名
② 生活スタイルを見直すことで減災につながる(説明など)。  =18名
③ 耐震診断と耐震補強に関する説明。  =13名
 やはり一番興味を引かれたのは、普段の生活を見直すことで、災害を減らすということに興味が高いことが分かります。
私が説明した耐震診断と補強も意外と興味が高いということも分かりました。
ただアンケートの中で一人だけ私の説明が分かりにくかったとご指摘がありました。すいません。
今後反省を重ねてより分かりやすい説明ができるように精進いたします。

3.建築士会という団体をご存知でしたか。(当てはまるものに○を)
① 知っていた   =7名(27%)
② 聞いたことはある   =2名(8%)
③ 知らなかった   =17名(65%)
半数以上の方々が”建築士会”の存在を知りませんでした。
昨年の幼稚園での木工教室でも同じく、父兄の皆さんの半数以上(そのときも6割くらい)は”建築士会”の存在を知りませんでした。

今日もセミナーで言いましたが、建築士という存在は裏方なので、あまり世間一般の皆さんに存在自体を知られていませんが、一人でも多くの方々に、建築士及び建築士会という存在を知っていただくため、これらの活動を通してがんばっていきたいと思います。

ほかに自由な感想をいただく欄では、

「一度、出前講座をお願いする機会を考えたい」

というありがたい回答もいただきました。
各地域自治会の集まりや学校などにも出向いていきますので、お気軽に兵庫県建築士会阪神支部青年部会までお問い合わせ下さい。

来週月曜は今度は伊丹市で、防災・減災セミナー(勉強会)が開かれます。
次回も同じように、伊丹市の”都市防災常任委員会”の市議会議員さん達を招待しています。
また、今回来られていない産経新聞社さんにも取材依頼しておりますので、
今回のこの記事を見られたら時間を作って是非お越し下さい。

もちろん一般の参加者もまだまだ募集しております。
当日お待ちいたしております。

報告者;春山
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/12-f38969ac







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。