兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【構造模型が出来るまで5】ご無沙汰しております 

私たちが行っている「防災・減災セミナー」では、構造模型を使って、耐震補強の説明を行っています。

先日の尼崎工業高校でのセミナーでももちろん模型を使いました。
(10月27日付けの記事で詳しく紹介しています⇒記事はコチラ

9月に行った伊丹市でのセミナーでは、建築士会本部より模型をお借りして行っていたのですが、運送の手間等を考えると自分たちで持つのが得策ではないかとの判断により、本部の模型の良いところはそのまま受け継ぎ、改良できる点は改良した阪神支部独自の構造模型を作る事にしました。

コチラのブログでも【構造模型が出来るまで】と題して、図面を起こす段階から紹介してきましたが、最後の部分(製作工程)が紹介できていませんでしたので、既にモノは完成していますが、この場を借りて改めて報告させて頂きます。

↓「今更」という気もしますが、せっかくだから読んでやろうという方は追記をクリック



前回(10月6日の記事)では、「図面は出来上がりましたが、作る大工さんが行方不明です。お助け戦隊ケンチックに作ってもらおうか」というところまで紹介しました。

その後、「何でもかんでもケンチックに頼むのではなく、自分でも少しは作業したら」との厳しいお叱りを受けましたので、なかなか前に進まなかったわけです。

月日の流れるのは早いもの、「まだまだ余裕さ」なんて思っていたのに、あっという間に10月27日が目前と成りました。
構造模型は「私(部会長)が責任をもって作りましょう」と部員たちに大見栄を切っていましたので、泣く泣く10月25日の深夜から夜を徹しての作業となりました。

もちろん10月6日から作り始めた10月25日まで、構造模型の事を忘れていたわけではないのですが、私も普通のサラリーマンですので、模型を作るとなると結局作業は夜中になってしまいます。現場仕事でクタクタになって帰ってきてから、模型を作り始めるのはよほど強靭な精神力の持ち主でなければなかなかです。

私は自分で言うのもなんですが、結構グタグタな性格ですので、結局セミナー2日前まで作業に取り掛かることが出来なかったわけです。



気が付けば、結構長めの文章を今日も書いていますが、ここまでのところ私の言い訳しか書いていないではありませんか。

この後、製作工程の話を書き出すと、長くなりすぎて誰も読んでくれなくなりそうなので、日を改めた方が良いような気がしてきました。

多分明日も祝日で、誰も記事の更新をしないと思いますので、この続きは又明日という事で、

「つづく」

                                  部会長 阿部
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/127-9fb7589f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。