兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「環境」について! 

今年は建築と環境をテーマにして活動をしようと、部会で決めてから約2ケ月。
先ずは、活動日記でも紹介した「尼崎環境フェスタ2008」に出展しました。

テーマにちなんだパネルの展示や、ものづくり+エコを体験してもらう目的で青竹(間伐材)を使った「マイ箸作り」↓こんなん出来ました。
続きはこちらを click!!

出展時に掲示した看板です(撮影は後日事務所にて)
出展時に掲示した看板です (撮影は後日事務所にて)
これが“竹”で出来た箸ですよ
これが“竹”で出来た箸ですよ (よく見えていません)


急に話は変わりますが !! 少し前から、各物件の仕様の中で省エネや環境のことを考慮して材料を選定するようになりましたが、近頃は身近な所ででも (雑誌や新聞の記事、或いはテレビで見るニュースや番組そして企業・市民活動等)
この環境のことを何となく気にするようになった私です。

「エコロジー」「地球にやさしい」といった表現が盛んに使われていますよね!

ここからは私が思っている事です。

「何が?」「それが?」・・・結局まだまだこういった部分のことを理解できていないかもしれませんが、私としては「結局、自然に帰れ」ってことじゃないのかなと思っています。

真夏や真冬に冷暖房機器は欠かせないですが、ちょっと昔は扇風機やこたつ、その前は団扇や・・・。便利ななものができたために体が軟弱になっているんですよね。(話がそれていってるような?)

そういえば、新聞のあるコーナーで「寒いところから来た嫁さん」かな?(はっきり覚えていませんが!)
奥さんが寒い地方から来たのでしょう!(家は茅葺きの屋根?)
結婚してから新居で冬になっても暖房をつけてくれないそうです。奥さんの実家は古い家で、五右衛門風呂に掘りごたつ (たまに住宅の設計でお施主さんから“掘りごたつ”ほしいと言われたことがありますが!)
だったそうで、旦那さんが奥さんの実家にいったとき寒い思いをしたようなことが書いてありました。

旦那さんが思うに“嫁さんには暖房という概念がないのだろう”ということです。いずれは旦那さんも慣れて不要になるのでしょう !?
人によっては、と言うかちょっとした努力で便利機器が不要になったり、いろいろちょっとした努力で“環境にやさしい”ことが、個人個人でできるのではと思っている今日この頃!

やっぱり、話がそれてしまいました。続きはまた今度!(この続きではありません)

話は戻りまして、次の事業でまた竹を使って別のアイデア“竹を使ったエコで環境にいい”工作を考えていますので楽しみにしてて下さい。詳しくはまた報告します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/222-34927398







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。