兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茅葺屋根見学(先人の知恵は素晴らしい) 

mDSCF2718.jpg
先週の土曜日。
兵庫県建築士会の青年委員会がありまして、会議の後「茅葺見学会」に行ってきました。

この建物は三田支部の赤井さん(有限会社あかい工房)の生家で、なんと築150年だとか!

この建物を再生し、地域のコミュニティ活動の場として利用できるよう現在工事を行われて
います。

私も長い間建築をやっていますが、茅葺屋根の工事に立ち会うのは初めて。
もうわくわくしっぱなしでした。

mDSCF2723.jpg
まず、赤井さんの簡単な説明を聞き、屋根裏へ登ります。

mDSCF2727.jpg
なんとも幻想的な場所・・・
茅葺職人さんの丁寧なお話に耳を傾けます。
よく「燻された材料には虫はつかない」と聞きますが、実際は違うそうです。
また、その迷信を利用して「煙発生器」などを訪問販売している者もいるそうで(笑)
皆さんご注意を。
茅葺の良さは「通気性」があるからこそ、結露や害虫などの被害を抑えるのだそうです。
ただ、現代の生活スタイルは隙間風をシャットアウトしてしまい、結果的に茅葺などの
良さを封じ込めてしまう改修が多いそうです。
残念な話ですね。
mDSCF2731.jpg
いよいよ茅葺屋根です。
茅葺屋根は「雨漏れしそう」なんですが、それがまったくしないとのこと。
言葉で表現するのは非常に難しいのですが、水の表面張力をうまく利用して
雨は全くと言っていいほど内部には浸透しない構造となっています。
そのベストな効果を引き出す納まりはというと・・・
職人さんの感覚。
説明を聞くとおもわず「おぉ・・・」と唸ってしまいました。
茅葺屋根は原則「その土地にある材料を使用する」のだそうです。
ただ、今の世の中、そう簡単に地元で材料が手に入るわけもなく、赤井さんは
近所の大企業に「ススキ・カヤを育てる」提案をされているそうです。
mDSCF2741.jpg
敷地の中には「土壁」の材料のコネ場があり、我が子にも体験してもらいました。
感想は・・・「面白い!」。
こういった経験、なかなかできませんしね。

・・・ん??こんなところに・・・
mDSCF2738.jpg
ケンチックレッド参上!(作業着)
神出鬼没。準備万端!ナイスッ!阿部さ・・・ごほっごほっ。
mDSCF2742.jpg
最後には大の大人たちが大勢で茅葺屋根の上に。
左下の海賊もどきみたいなのが私と娘たち。
本当に丈夫です。

見学会の後はみんなでBBQ!
mDSCF2747.jpg
これからの建築士会の活動や他支部さんとの交流など様々な話が飛び交いました。
支部単位での活動から、協力し合う体制をとり、みなさんにも「楽しい建築」の
体験場所を提供していこうと思います。


報告:和建築設計室 安田
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/223-170c4e11







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。