兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震と向き合う気持ち 

地震。いつ起こるか分からない災害。

「起こってから焦る」のでなく、今のうちに現状を把握することで
被害を抑えることができます。

先日はとあるお宅に「簡易耐震診断」に行ってきました。

最近関東方面で地表のイオンが異常な数値を記録したのを知ってます??

一概にこの記事が直接関係するとは言えませんが、最近関東方面で
地表のイオン数値が異常な状態であるようです。

はっきり言って、地震はいつ起こるかわかりません。

先日、とあるお宅に簡易耐震診断に行ってきました。

簡易耐震診断とは、ある一定の知識を持った建築関係者がしっかりと講習を受講し
認められた「簡易耐震診断員」が行う、第一段階の耐震診断です。

対象となる建物は昭和56年以前に建築された建物。

今回伺ったお宅は鉄骨の4階建て住宅で、確認申請図書もしっかりと保存されていました。

しかし、細かく調査すると構造材(鉄骨材)の錆の浸食が確認され、また、外壁などに
ひび割れ(クラック)なども確認されました。

また構造材自体の厚みなども現行法に照らし合わせると満たない部分もあります。

こういった内容はどうしても仕方ないことなのです。

建築基準法はいつも更新され、新しい法律に生まれ変わります。

そうなると、過去に建築された建物はどうしても現行法に満たないものとなってしまいます。

簡易耐震診断は、そういった「地震が来たら影響がありそう」な年代の建物を
調査し、しっかりと現状を把握してもらうための作業となります。

いつ起こるか分からない災害。

建築物は「衣・食・住」の中にもあるように、人の命を守るべきもの。

今だからこそ改めて目を向けるべきではないでしょうか?

社団法人兵庫県建築士会でも、防災や耐震に関する情報を提供しています。

「私には関係ない」と言わず、一度目を向けてみませんか??

そこには何かがきっと見えてくるはずです。

和建築設計室:安田和人
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/227-1c90310b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。