兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「打ち水」をして地球温暖化対策 

本日、尼崎市環境市民局主催で「打ち水大作戦inあまがさき2009」が実施されます。尼崎に事務所がある青年部員もこのイベントに参加し「打ち水」を行ないます。気持ちよさそう~。
ちなみに「打ち水ルール」があります。
続きはこちら↓で!






誰でもいつでもできる「打ち水」で、環境活動ができるのです。

数十年前になりますが、子供の頃は町のあちらこちらでよく見かけたものです。今はこの風習もあまり見なくなりました。

ここ最近では環境活動の一環で国も「地球温暖化対策キャンペーン」と称して打ち水をすすめていますが、環境に配慮することが目的のようになっているようです。

この目的の原則は、雨水や風呂の残り湯などの二次利用水を使って無駄を減らすのがルールだそうです。この水を路面だけでなく、建物の外壁や屋上、ベランダにも最適で室外機にするのも効果があります。

打ち水の効果は、気化熱によって熱を大気中に逃がす効果があり、水をまくことによって地面から熱をうばって(蒸発する)くれるのです。具体的にどの程度の効果があるかわかりませんが間違いなく涼しく感じるはずです。(そよ風を感じるかも!)

あと、打ち水をするタイミングですが、ガンガンに暑い日中はダメです。朝の日が高くない時間か、日が沈む前の夕方が最適で効果があります。

是非みなさんもやってみてはどうでしょう。少しばかり環境活動をしている気分になれると思いますし、継続することによって効果も感じとれるのではないでしょうか。(この私も自宅で最近やりはじめまして、クーラーの設定温度を30℃にして効果を体験しています)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/228-47502c23







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。