兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養父市の「おはしり祭り」を見学しました。 

養父市のお走り祭りを見学しました。
先週の土曜日に兵庫県の青年委員会がありまして、今回の開催地である養父市に向かいました。
ちょうどその日は「おはしり祭り」が開催されていたので見学に。

お走り祭りとは

祭りの由来は、昔々、但馬がまだ泥海だったころ、但馬五社の神様たちが、養父町斎(いつき)神社の彦狭知命(ひこさしりのみこと)に頼んで、豊岡市瀬戸を切り開いてもらい、豊かな大地が生まれたので、養父大明神が代表として、彦狭知命にお礼参りしたことからはじまったとされています。
【但馬の百科事典より引用】
詳しくはこちら→但馬の百科事典

SH3E0045.jpg

SH3E0046.jpg

見どころは、約50m程ある川を、神輿もろとも渡っていく場面。
結構な流れの川に体の半分以上つかりながら、掛け声と主にわたっていきます。
何度か行ったり来たりを繰り返しながら、渡り切った時には拍手が沸き起こりました。

SH3E0048.jpg


私の実家も田舎で、小さいころからいろんな祭りがありました。
地元では、季節ごとにいろんな神様に対して感謝の意をこめてお祭りを行っています。
私も小学生のころから、山の神や稲作の神など祭りがあるごとに山にお参りに行ったり
(山の神は神社に着くまで振り返ってはいけない。振り返ると顔に墨を塗られる)
地域の氏神さんが祭られる神社に泊まり、寝ずの番(境内のたき火を絶やしてはいけない)などを
行ってきました。
もちろん神輿も出ます。
大人たちはお酒を飲みながら神輿を担ぎ、一件一件家先で神輿を揺らし廻ります。

デジタルな社会でも、人の心のよりどころは昔から一緒。
大切にしていきたいものです。

報告:和建築設計室 安田和人
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/253-08c6450d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。