兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜風幼稚園にて卒業製作品を取り付けました。 

以前に木工教室でお世話になりました芦屋市立浜風幼稚園にて
卒業製作された園歌のボード取り付けに行ってきました。

1DSC00231.jpg

建築士会がなぜに??と思う方も多いでしょうが、こういった身近な活動が必要なんだと
私は思います。

建築士がそんなことをやってどうするの??と思うのは古い考え。
建築士だからこそ、参加できることもあると思います。

だって、建築士って「建物のプロ」でしょ??

なにも新しく建てるばかりが建物ではありません。現在建っている建物ももちろん「建築物」です。

お医者さんが人の体を知り尽くすように、建築士は「建物を知り尽くした専門家」です。

だから、取り付けに関しても「どうやって取り付けるか??」という検討から
「どのように取り付けておけば、安全か??」という一番大切な部分を検討して実行します。

最終的には、大工さんにお世話になりましたが(意外とてこずりました)
この部分に関しても、やっぱり施工を行うのは施工のプロに任せることが一番だと感じました。
(取り付けようとしていた私は、設計が専門ですから)

取り付け完了後、保護者の方が大変喜ばれていました。
ちょっとした作業でも、感動は生まれます。

地域に根付いた関係であることを目指して、建築士会は活動しています。
建築士は一匹狼。という考えでなく、専門職の人たちが集まって検討する。
そういった活動ができるのも建築士会だからこその利点だと思います。

より地域の皆さんにご理解いただけるよう、建築士会はいろんなところで活動しています。

報告:和建築設計室 安田和人
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/275-b559c916







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。