兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑕疵検査 

建築した物件が一年を経過し、今週2件ほど一年検査に立ち会ってきました。

一年検査、一年点検ともいわれる瑕疵検査は建物が一年、二年、ある程度月日が経過した時点で建物の様子を再度点検し、悪いところはリカバリーしていこうという、工事契約に伴う長いスパンでの検査をいいます。

建築行為はもともとスパンの長いものですから、設計からになるとここ3年に遡りますが、場所も構造も違う2件の教会の設計を同時に担当してきました。

1つは大阪のRC造、一つは三重の木造。
それがほぼ同時に竣工し、また同じときに一年検査の時期がめぐってきました。

設計をされる、また施工をされる方々には共感できるところだと思いますが、自分が設計、施工した物件は本当わが子のように可愛いいものです。

施主である教会の方々や、施工を担当された工務店の方々とは普段も連絡はやり取りをしているものの、実際の物件の前で顔を揃えるのは一年ぶり、一年というのはいい間隔でもあります。

一通り見させていただいて、概ね問題なく概ね喜んでいただいているとはいっても、そして自分たちとしてもなんとか注意して設計をしていたとしても、やはり設計行為というのは完ぺきではありません。ちょっとしたことから、これはあかんなあと反省するところまで、至らぬところは出てきてしまいます。

はじめからノーミスであることがベターなことは確かでしょうが、それ故に全ての事柄においてミスの許されない、厳しい社会構造ができてしまっている感もあります。

それがいい意味での挑戦も回避してしまうという風潮となり、結果的に全てにおいて脆弱で面白みのない世界を生んでいる原因の一つではないかとも思えます。

施主にとって最も望ましいことは、決してありふれた、それ故安全性だけは高い回答を提示することだけがいいことではないはずでしょうから。

かといって自身のやりたいことを理論武装で装飾して、設計者の我を全面に出して正当化させようという、そんなやり方も論外です。



自分の至らないところをそういった理屈で納得しながら、いい施主、いい施工者に巡り合えていることに感謝しています。結果、これがとても大切なことなのでしょうね。

青井弘之(一粒社ヴォーリズ建築事務所)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/287-a26190f9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。