兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストア エコ 

わが家を新築中です。
なかなかできません。
私が引っ張っているわけではないのですが。



造り付けの家具はいくつかはできますが、あらゆるものすべてデザインできるまではとても予算がゆるしません。というか家族が許してくれません。

となると既成のものでチョイスすることになります。
なんとはいっても昨今の「設計」という名のつくものは、設計とは言いながら市販品をチョイスして終始する場合も多いです。悲しいことです。

とはいいながら市販品もなかなか「これ」といったものがありません。
特に照明器具などは本当に「いい」ものがなくなってきた感じがします。
いや単に自分の好みにあうものが市場にはマイノリティーでしかないのかもしれませんが。

というわけで、自然とアンティーク方面に物色の目をむけることが多くなります。

最近阪神間で老舗のアンティークやさんに偶然通りかかって見てきました。

ペンダント、シャンデリアタイプのものは(私がいいなと思うものが)なかなか出回ってないのですが、ここではなんとなく波長があったのか玄関ホールのペンダント、そして吹き抜け部分のペンダントをゲットしました。



照明器具に限らずこういったアンティークの家具をいったん古いものの汚れを洗い落とし、塗装等を施し直すことをレストア(修復)と呼ばれています。

単に古いからいいのではなく、いいから古くなってもこうしてレストアしてまた新しいオーナーに使いこまれていくのですね。

これこそエコの考え方だと思いました。

そして究極のレストアはやはり建築のそれでしょう。

しかし現実日本においてはそういった考え方はまだまだ根付かないみたいです。

特に住宅に関しては。



最近戦前のヴォーリズ住宅が売りに出されたということです。

レストアして十分今後も使っていくことは可能です。
どなたかそういった「粋な」方はいらっしゃらないものでしょうか。



青井弘之(一粒社ヴォーリズ建築事務所)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/296-82406f40







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。