兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】防災関連の講演会が行われます。 

(社)滋賀県建築士会の友人より、講演会の案内が来ていました。

演題「災害に備える・対応する」  講師:長島忠美先生(旧山古志村村長)
(講演会の目的・主旨等を案内チラシより抜粋)
新潟県中越沖地震にて実際の現場で陣頭指揮にあたられた、元山古志村村長(現衆議院議員)長島忠美先生に、これからの備え方や、建築士と行政・市民とのご協力・連携体制をどのようにすべきかを考える機会にしたいと思います。

↓詳しい内容は追記をクリック

滋賀講演案内チラシ

私たち(社)兵庫県建築士会は、現在「防災」に関する事業を推し進めています。
それは、阪神大震災を体験した兵庫県の建築士会だからやっているわけではなく、地震の多い国「日本」の住宅を扱うプロの集団として、日本中の建築士会がそれぞれの地域で様々な活動をしているわけなのです。

地震に対しての取り組みで言えば、今後南海沖地震が予想される、近畿地方(兵庫県)、また東海沖地震がいつ起きてもおかしくないと言われる東海地方(静岡県)あたりの活動が活発だと聞きますが、地震は日本の何処で起きてもおかしくありません。

日本全国いたるところで、防災意識の啓発に力を注ぐべきだと建築士会員の1人として強く思います。

というわけで、今回私が住んでいる兵庫県からはちょっと遠いですが(と言いつつ最近よく行っていますが)、滋賀県において講演会が行われます。

日時:H20年10月5日(日)
   13:00~15:00
場所:ピアザ淡海
   大津市におの浜1-1-20
   TEL077-527-3315
定員:90名
参加費:無料
詳細は↓のチラシをご覧願います。

http://www.kentikushikai.jp/pdf/20081005.pdf
☆平成16年、新潟県中越大震災の際、旧山古志村は大きな被害を受けました。自ら復興活動にあたっておられた村長の姿は当時テレビなどでも伝えられていました。今回は被災地の長の声が聞ける貴重な機会です。

開催日まであまり日数がなく、今からは予定に組み込めないかも知れませんが、体験者の生の声が聞ける貴重な機会ですので是非ともご出席下さい。

私たち(社)兵庫県建築士会も、(社)滋賀県建築士会を見習って積極的に防災への取り組みを進めていこうと思います。

頑張ります。

↓「よし、がんばれよ。」と思ってくれる方は拍手をお願いします。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/38-6d86e602







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。