兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【構造模型が出来るまで3】図面だけじゃわからない! 

zumen
図面だけでは、完成形がイメージしにくい

そんな時は・・・

↓どうするの?と思ったら追記をクリック

(前回までのおさらい)
【構造模型が出来るまで1】←クリックすると9/22の投稿が読めます
 まずはどのような家を建てたいのかをお施主さんが説明します。

【構造模型が出来るまで2】←クリックすると9/27の投稿が読めます 
 お施主さんの希望を図面として形にします。
 しかし図面だけだとなかなかイメージがわかないものです。

というわけで

部員(建築士)に、「完成形がイメージしやすいように何とかしてくれ」と再度お願いしてみました。
すると「そしたら、こんなんはどうです?」とこんなものが送られてきました。

1[1]
↑クリックで拡大
随分とPOPな感じでナイスです。

これなら、誰が見てもどんなものを作るのかイメージできると思います。
これはパースといって、図面を立体化したものです。
昔は鉛筆で手書きをしていたのですが、今ではパソコンで簡単に書けるようになりました。
市販されている「3Dマイ○ームデザイナー」なんかはその代表格ではないでしょうか。

お施主さんの希望を法律(建築基準法)に添った形で実現させていくのが建築士の仕事なのですが、せっかく考えたプランがお施主さんに伝わらなければ何の意味もありません。
縮尺模型を作ってお施主さんに伝える方法もあるのですが、今はパースを提示する事が多いのではないかと思います。

お施主さんの疑問に答えていくのも、「建築士」の重要な仕事だと思います。

【構造模型が出来るまで】シリーズもようやく3回目でデスクワークはひとまず終わりです。
いよいよ次回より製作に取り掛かろうと思います。

棟梁、出番ですよ!

↓いよいよ作り始めるのか。「早く作れよ」との激励を込めて拍手をどうぞ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/41-4f479044







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。