兵庫県建築士会阪神支部青年部会

建築と正義と少々お酒好きなお助け戦隊ケンチックの活動日記! 縁の下で頑張ってます♪








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】滋賀県建築士会が行った講演会のリポートです 

以前のブログでも紹介した

(社)滋賀県建築士会青年委員会主催
  「災害に備える、対応する」 講師:長島忠美先生(旧山古志村村長)
  http://www.kentikushikai.jp/pdf/20081005.pdf

が10月5日に行われていました。


滋賀県での開催ということもあり、当日出席は出来ませんでしたが、
ブログ上で紹介している以上、報告もしておかなければと、当日講演会を取り仕切っていた
滋賀県建築士会のメンバーに当日の状況を報告してもらいます。

02.jpg

以降レポートです。
--------------------------------
新潟県中越大地震が起こった瞬間から、村長が何を見て、どう動いたのか、そして絶望の縁から村民の方々がどのように立ち上がったのか。旧山古志村の元村長 長島忠美 氏の講演会は、強く優しい人柄に参加者全員が包まれるような、素晴らしい講演会でした。そして私たちは建築士として、大きな使命があることを教えていただきました。(レポート終わり)
--------------------------------
(社)滋賀県建築士会のKさんありがとうございました。


私達が、阪神大震災を経験した時には、ほとんどの人が、「地震なんて」とどこか他人事のように考えられていた中での被災でした。

当然地震に対する準備など何もせずに被災したわけですが、あれ以降日本の何処にいても地震に遭うということを、日本中の国民が意識していた中での山古志村での被災は、意識の面から考えても私達の被災とは大きく違います。

意識していても、いざ本当に地震に遭うと、人間は無力なのだという事を、まざまざと感じさせられた
とても有意義な講演会だったと思われます。

先ほどリポートをしてくれたKさんとは別の方に先日お会いする機会があったのですが、その方も、当日の講演が本当に為になる講演だったということを、教えてくれました。

今回の講演の内容を、私たち阪神支部の防災セミナーに今後活用させれるように努力していきます。

頑張ります。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kentick2008.blog47.fc2.com/tb.php/59-ed5870db







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。